03 題目:女神が微笑んだ

1997年、秋。
秋になると、2年生達は本学(箱崎)に行くため、
教養部(六本松)の学生は1年生だけになる。
サークルにとっても、秋以降は1年生だけの活動になり、
1年生の中に教養部長という役職が置かれていた。

当時、教養部のテニスコートは体育館前の窓口に並んだ者順で使っていた。
だからテニスサークルがコートを使うこともあるし、個人が使うということもあった。
しかし、その争奪戦は熾烈なものがあった。

当時、九大にあった4大テニスサークル。
『アプリコット』、『フレームショット』、『ラフォーリ』、『グランドスラム』
その存在は大きかった。
他にも連盟入りを待つキャロットとオレンジロード、
まだ他にもいくつかのテニスサークルが存在した。

我々ローランギャロはその乱立するテニスサークルの中に撃って出た命知らずの集団でもあった。
それは、当時のトヨタ、日産、三菱、ホンダといった自動車会社がある中に、
新しい自動車会社を興すそんな例えがされる程だった。

しかし、運気は巡ってきた。
私(鳥羽)は工学部機械系学科S1-IIというクラスの学生だったが、
同じクラスの友達、
伊藤くんが『アプリコット』の教養部長に、
末松くんが『ラフォーリ』の教養部長に、
田中くんが『グランドスラム』の、
そしてクラスは違ったが浪人時代からの仲の良い友達、松尾くんが『フレームショット』の教養部長になったのだ。

皆当時のコート取りにはうんざりしており、
皆の無駄な戦いを無くしたいと思っていたのだ。
そして、サークル間で協力してコート割を作り、順番に使って行こう。
なんとそんな話に、この友人たちは私を誘ってくれたのだ。

女神が微笑んだ。

もちろん、末松くんや田中くんの顔が女神に見えるはずは無い。


もっと男っぽい顔だから。


でも、本当にそんな心境だった。


本当にうれしかった。


かくして、『フレームショット』『ラフォーリ』『グランドスラム』『アプリコット』、そして『ローランギャロ』

この5つのサークルでコート割を行い、
時には合同練習もするそんな体制が出来上がって行った。

5大サークルの一角を成す、そんな夢のような話が舞い込んできた。

ローランギャロは周りのサークルの協力があってこそ存在し得た。

周囲の皆が育ててくれたテニスサークルなのだ。

この感謝の気持ちは、終生忘れないと心に誓った。
[PR]

  by rg20aniv | 2006-10-01 03:00 | ローラン創世記

<< 04 題目:チーム・ローランギャロ 02 題目:キャベツのようなサークル >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE